女性は早死にする?

「AERA」の今週号で、「女の寿命が短くなる」という記事があった。先日亡くなられた中尊寺ゆつこさんや、他にも何人か若くしてこの世を去っていかれた
女性について掲載されていた。

記事には、
「女性は、仕事も家事も育児も趣味も勉強も全部頑張ろうとして無理をする」
「仕事では男性以上に働くことを強いられる、その肉体的、精神的ストレスは並大抵のものではない」
「それによって、タバコやアルコールの量が増える」
「検診や病院に行く時間がとれない」
などとあった。

分かるなぁ、これ。私も20代のとき、まさにそうだったから。
朝から晩まで仕事で、睡眠時間も食事時間も不規則で、今思い返すとゾッとするような生活をしていた。
若かったからできたこと。そして妊娠出産をどんどん後回しにしたからできたこと。私のような女性は結構多いのではないだろうか。
私の場合、娘の早産などで30歳で一旦仕事から離れたが、あのままの生活を続けていたら本当に健康を害していたかも知れないし、そうでなければ家庭が壊れていただろう。

でも、女性は一般的には真面目だと言われるし(人によるが)、学生時代の延長で「男性と同等」が実現されないと気がついたときに、「ナニクソッ!」と思って頑張りすぎちゃうこともあるだろうな。
結婚、出産退職というと、「辞めたら終わり」というような雰囲気もあるし。経済的な事情で働かざるを得ない人も、このご時世にたくさんいるだろうし。

何が一番大事かなんて、結局、自分自身で気づくしかないんだよね。
[PR]
by miki_renge | 2005-02-18 09:20 | 女性と仕事
<< 宅配が命綱 「心のケア」って言うけれど >>