「明日はどっちだ」(関岡さん編)

こちらの記事の続編。
今回は、「応援ドキュメント 明日はどっちだ」(NHK)に関して。
関ジャニ∞の三馬鹿が頑張る人々を応援する連続ドキュメンタリー。
これまで「赤字温泉を立て直す親子」や「36歳崖っぷちボクサー」、「三陸のワカメに故郷の復興をかける漁師5家族」などが紹介されてきたが、私が特に応援しているのは、女性の大工で棟梁を目指す関岡舞美さん、24歳。修業を始めてまだ3年目だが、ただいま1軒の家づくりの現場を任されている。

彼女は小学6年生のときから大工にあこがれ、大学の建築学科を卒業。しかし女性という理由で、就職には苦戦した。ようやく弟子入りさせてもらったのが、滋賀県の宮内建築。

…まずここで「何で!?」と思ってしまった。
こんなに大きな夢を持って、一途に歩いてきた若者を、女性というだけで追い払っちゃうの!? 何てもったいない!!

実際、彼女の奮闘ぶりを見ていると、現場で「女性だからダメ」というのは単なる先入観に過ぎないのでは?と思う。
もちろん、体力的には差があるかもしれない。
けれど、木の特徴を踏まえながら最適な案を考える、現場でリーダーシップをとる、何より施主のことを考える…などは、性別なんて関係なさそう。

関岡さん、ここで頑張って、あなたを門前払いした企業を見返してあげなさい(笑)
こういう企業には、男性職場で輝く女性を紹介している「現場女子」(日本経済新聞出版社)という本を紹介してやりたい。

もう一つ、厚生労働省の「女性の活躍推進状況診断」にも挑戦してほしい。こちらも縁あって紹介記事を書かせていただいたけれど(こちらをご参照)、この執筆をしているときから、関岡さんの頑張りが頭から離れなかったわ。
来週の「明日はどっちだ」は、関岡さん特集ですよ~。

…それにしても、すばるさん、人間ドックに行ってください(心配)
[PR]
by miki_renge | 2013-05-30 22:24 | ジャニーズ
<< 「お天気お姉さん」 単著出版までの長い道のり(5) >>