単著出版までの長い道のり(8 最終)

2月から書いてきたこのシリーズも、今回で最終回にする。
本当は8月8日まで待とうと思ったが(爆)さすがにダラダラしすぎなので。
→ 過去記事はこちら(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)

恐らく士業仲間にとっていちばん関心があるのは、「で、出版は仕事に繋がったの?」というところではないだろうか(笑)

残念ながら、現時点では全く知らない人から、このテーマでセミナー講師をしてほしいとか、執筆してほしいとか、そういった依頼はない。
が、どこかでご一緒した方からお話をいただくことは、ちょいちょい出てきた。

また、出版がきっかけで、これまでは「ちょっと知っている」程度のお付き合いだった方とコミュニケーションを深められている。

それを考えると、ありがたい機会だったことは疑いようもない。

もっとも、「仕事に結びつけるため」という思いが第一義にあって本を書こうと思ったわけではない。
世の中が少しでもいい方向に変わるために、自分も何かしたい、という思いが、唯一の原動力だった。
育児介護休業法の完全施行による育児短時間勤務の義務化、
労働契約法の改正による有期雇用者の無期雇用化、
高年齢者雇用安定法の改正、
障害者の法定雇用率の引き上げ、
「働くなでしこ大作戦」の推進(今は「成長戦略」だけど)
といった背景もあり、「書くなら今でしょ!」という確信だけはあった。
(逆に言えば、こういうモチベーションがないと、本を一冊書き上げるなんてとても無理だということも分かった)

稚拙な文章ゆえ、どこまで伝わったかは分からない。
けれど、「皆が今よりも幸せに働けますように!」という願いを、最大限に込めたつもり。
これからも、この分野について、アンテナを高くして関心を持ち続けていたいと思う。

関わってくださったすべての皆さんに感謝して。

★「『コマギレ勤務』が社会を変える~多様な働き方を目指して」をご購入いただける方はこちら(労働調査会様サイト)かこちら(アマゾン)へ。ありがとうございます。
[PR]
by miki_renge | 2013-07-02 21:24 | 仕事場にて
<< ダブルライセンス 単著出版までの長い道のり(7) >>