亀梨&中丸、KAT-TUNについて語る

先日も書いたが、改めて。
KAT-TUNの田中聖くんが、ジャニーズ事務所の契約を解除になった。つまりグループは脱退となる。

これについて、まず先週金曜、亀梨くんが生放送で語っていた。
「東京バンドワゴン」の番宣で来た「スッキリ」で、言葉を選びながら、しかし悔しさをにじませながら、ここまでの経緯を話してくれた。

メンバーも、「度重なるルール違反」の内容については、実は詳しいことは知らされていないこと。
しかも契約解除を知ったのは、解除の2日後。
最後の最後に、数時間、5人で思いを語り合ったこと。
まだできたことがあったかも知れないと、後悔する気持ち。

生放送、編集が利かず、演出もなにもないところで、まっすぐに。
加藤さんが、「出てこなくてもいいのに、こうしてしっかり喋ってもらって、すごく納得できた」と言ってくださったけれど、それはこちらも同じ。

その後、今朝、「シューイチ」にて。
まずVTRで、4人の言葉。入口出口田口の「KAT-TUNの名のもとに」の言葉に、決意を感じる。
その後のスタジオでの中丸も真っ直ぐだった。
「事務所からも警告を受けていたし、メンバーも知っている範囲では注意していた」
「リスクを冒してまでプライベートを優先させたことに、怒りもあるし、本人にもそれは伝えた」
こちらも生放送。素の言葉だね、中丸。涙目で声が少し震えてたね…

でも、もう、4人が前を向いていることは分かった。
「抜けたメンバーの穴は埋められない、その人以上にはなれない。だけど残ったメンバーの長所をゆっくりと見つけられれば」って。その通りだね。
そして最後に、聖くんのことも応援してほしいと。

「日曜日の朝に似合わない映像」だったかも知れないけれど、日テレさん、このような機会を与えてくれてありがとう。
そして、年末、ドーム公演決定!
これは新生KAT-TUNへの、事務所のエールかな(いや、いつ頃から解雇を検討していたかによるけどさ)

今日の「まじっすか」は、寝起きも、迷彩柄を熱く語る姿も、ガムテープとボイパのコラボもあったのだけど、やはりこの脱退の話に引きずられて集中できなかった。
でも大丈夫、録画してあるから。いつか笑ってみられるように。
[PR]
by miki_renge | 2013-10-13 11:00 | ジャニーズ
<< 最近のお仕事 陰陽屋とかKAT-TUNとか >>