「正論だけじゃ疲れちゃうね」

「『上から目線』の構造」という本を読んだ。
私は仕事上、事業主様に助言させていただく機会が多い。ときには嫌なことも言わなければならない。
しかし、いくら正論でも、上から目線で偉そうに言えば、拒否反応を示されてしまうことは必至。
できるだけソフトに表現しようとオブラートに包んで表現しようとすると、本当のところが伝わらない気がするし、このバランスにはとても気を遣う。
遠い昔、上司にも「どんなに的を射ていない意見でも、正論で看破するのではなく、相手に逃げ道を残しておきなさい」ってアドバイスを受けたことがあったっけ…

で、参考にしたいと思ってこの本を手に取った。
読んでみて、助言するときには自己満足に陥らないこと、相手の自信の有無・プライドの高低をよーく見て判断すべき、ということが分かった。
相手が「上―下」「勝ち―負け」のスキーマや、比較意識を強く持っている場合、コミュニケーションには特に気を付ける必要がありそう。下手にプライドを傷つけたら後を引く。

と同時に、自分自身も今の心理構造を変えていかなければ、と反省。
項目の一つに「落ち込みやすい人は成長しにくい」というものがあってドキッとしたが、書いてあることは至極まっとう。失敗したときに感情的に反応するか、認知的に反応するかで道が分かれるらしい。
「あんなに頑張ったのに」と残念がっていても得るものは一つもない。自分を客観的に見つめて、その失敗経験から学ばないと、成長しないんだよねぇ。
分かっちゃいるんだけどねぇ…まだまだ修行が足りないわ。

そんなときには、「ココロ空モヨウ」を聴く。
この曲、歌詞が心に沁みる。特に後半の「正論だけじゃ疲れちゃうね、ほどほどだって大丈夫」のところ。
すばるののびやかな声と、ラストの「晴れるといいな~」のハーモニーが素晴らしすぎる。

この歌のように、日々経営に悩む孤独な事業主様に、少しでも希望と癒しが提供できたらなぁと思う。
[PR]
by miki_renge | 2013-11-30 09:53 | ジャニーズ
<< 師走、走っています! 労働基準法第一条:「ダンダリン」より >>