「ほっ」と。キャンペーン

KAT-TUN祭り総括

ありがたいことに、年明けからも、いろいろとお仕事を頂戴しております。
特に今年度中に終わらせなければならないお仕事は、初めての分野。今、図書館でたくさん本を借りつつ、甘損でもポチりつつ…産みの苦しみを味わいながらも、ワクワクしています。

ということで、ブログはやはりゆる~い更新になってしまいそうだけど。
以前はどうして、1ヶ月に10記事くらいアップできていたんだろう?
忙しいと言いつつ、たぶんヒマだったんだな(爆)
フリーランスとして仕事を続けていれば、自分でよほどブレーキをかけない限り、量も質も拡大しないと、逆にまずいよね。

でも、年末年始のKAT-TUN祭りのことは書いておきたい(笑)

まず、「シューイチ」の「カウントダウンコンサート密着取材」。
4人の、なんというストイックさ。
コンサートのプレゼンから始まり、オープニングの細かな演出にもこだわり、
わずか4分で振付を頭に入れて、「音ください」と言い、
(ダンスは25曲を5日で覚えるそうな、いつもの半分の時間とのこと)
休憩時間には筋トレに励む。

…否、中丸は休憩時間はほうじ茶をすする(爆)
でも、前日の夜は、ホテルの部屋で、スマホを見ながら振付を確認していたよ。「全国のアイドルの方にお勧め」と。アイドルってそんなにいるのか?

聖くんが脱退したときに、中丸が「僕たちは夢を与えるのが仕事なのに、すみません」ということを言って頭を下げていたけれど、この人たち、本当にプロなんだなぁと、改めて感動した。
ちょっと顔と運動神経がいいだけでは、とてもできない仕事。
素直さと貪欲さと、努力し続けられる才能があってこそ。

メンバー脱退については、もはやネタにしている?
「世界一タメになる旅」で、無茶振りで青森を回る4人に、天の声が点呼。
「1」「2」「3」「4」…「5は?6もいたろ?」って(苦笑)
たぶん聖くんは、こういうの好きなんだと思う(あくまで想像)。
脱退をタブー視するより、すっきりさっぱりでずっといい。
今夜も「この顔がスゴい!」で、「NGはない」と主張するのかしら?←これも先週からの続き。

もうねぇ、「シューイチ」と「タメ旅」スタッフの愛に感謝だよ。
某グループの某冠番組にも見習ってほしい(毒)
この分だと、来年の24時間テレビのパーソナリティはKAT-TUNかな。
そろそろファンクラブも入っちゃう?
[PR]
by miki_renge | 2014-01-16 13:26 | ジャニーズ
<< 502教室、ありがとう 書評をいただいて思い出したこと >>