「こうしていればよかった」は禁句

また間が空いてしまった…
その間、仕事も相変わらずのなか、体調は今一つ。
ついに突発性難聴との病名までいただいてしまった(←これは改めて書く)。
周囲の働き盛りの同業者と(たぶん)同じペースで仕事を受けていたら、やっぱり無理があったのかな。
でも、facebook周辺を見ていたら、あまりに自分の仕事量が少ない気がして、心の底から情けなくなったのよ。
それに何より、「挑戦してみたい!」と思える仕事を、次から次へといただいたのよ。「この経営者さんには共感できる」という出会いもあったし、そのチャンスは逃したくないんだよなぁ。

さて、お客様とのかかわりの中で。
お話を聞くと、「このときこうしていれば、今の悩みはなかったのに…」と思うことが多々ある。その言葉が喉元まで出かかることもある。

しかし、それはグッと飲み込む。
言っても意味ないことだから。私が言うまでもなく、経営者の方が一番分かっているはずだから。「こうしていればよかったですねぇ」と言うのは、もっとも相手を傷つける言葉だと思うから。

ただ、その反省は無駄にしてはいけない。そこから教訓を得ないと、苦労した甲斐がない。
大事なのはこれから。
後悔する経営者の方に、いかに冷静に受け止めてもらい、今後に役立てていただくか、それに心を砕いている。
…それに上手く寄り添うには、私はまだまだ青いなぁと思いつつ。もっと精進しないとなぁ。
がんばれ自分。
[PR]
by miki_renge | 2014-02-13 10:36 | 仕事場にて
<< 懐かしい出会い 2月は逃げる >>