懐かしい出会い

先日、ちょっと懐かしいことがあった。

1月末の、自治体の融資あっせん窓口勤務日の朝。出勤前、いつものように(?)「ココロ空モヨウ」を聴きながらメールチェックをしていたら、診断士の3次実習(今でいう「実務補習」)で同じグループだった同期からの、14年ぶりのメール受信。お仕事の依頼だった。今は某経営支援機関でコーディネータをしているそうだ。

実はこの時点で、すでに、2月の予定はパンク寸前の状態だった。
しかし、打診された仕事の候補日は、奇跡的に?空いていた。
しかも、私の専門、ドストライクな内容ではないか。
これはもう、お引き受けするしかない!お世話になったかつての仲間のためにも、頑張ろうではないか!と俄然、テンションが上がる。

で、おうかがいした支援先は、かつての勤務先の独身寮があった街、吉祥寺。
土日も仕事ばかりで、当時もほとんど散策できなかったけれど、駅から歩いてみると、「あぁ、こうだったなぁ」と懐かしく思い出した。
支援先でお会いした女性起業家さんはとてもパワフルで、こちらこそ元気をいただいた。
…報告書、仕上げなきゃ!

もう一つ、これとは別に、就職活動でかつて内定辞退した企業の方とご一緒する機会があった(金融機関なので、もともと今の仕事とは密接に関係があるのだけど)
大学4年のとき、こちらの企業を選んでいたら、今の人生が変わっていたかも知れないなぁ、と考える。お会いする先輩方は皆さんとても素敵で、最後の最後まで迷ったけれど、「全国転勤あり」という条件に、怯んでしまったんだよなぁ。
その後、この金融機関さんは合併したので、その点でも大変だっただろうけど、きっとおもしろい仕事ができただろうなぁと、今ご縁のある優秀な行員さんを見ていて思う。

ともあれ、ご縁に感謝!

♪遠回りしてナンボ そこにしかない未体験さ♪ byココロ空モヨウ
…でも明日からは「キングオブ男」で。
[PR]
by miki_renge | 2014-02-19 22:12 | 仕事場にて
<< THE就業規則 「こうしていればよかった」は禁句 >>