林業女子:「明日はどっちだ」より

年度末、ありがたいことに、例年になく忙しくさせていただいている。
特に人事管理、人材育成方面では、ここのところ、グッと仕事の幅を広げることができている。
今まで頑張ってきて良かったなぁという気持ちと、
このあたりで自分のドメインを再定義しないと、どれもこれも中途半端に終わってしまうのでは?という危機感と。
さらに付け加えれば、どうしても家族へしわ寄せが行ってしまうので、どこで線を引くかという問題と。

そんなときに元気をくれるのは、NHKの「応援ドキュメント 明日はどっちだ」。
3月18日に放送されたのは、東京都檜原村の林業会社で見習い社員として勤務する大塚潤子さん。
東大農学部卒業、30歳。一般企業に勤務したものの、森林への情熱は捨てられなかった。学生の頃から、森林減少による地球への影響に問題意識を持っていたそうだ。

大塚さんのいる会社は3年前にできたばかりで、大塚さんの給与は補助金から出ている。
が、この補助金がもらえるのは1年間、今年の3月まで。そうなれば、大塚さんも「見習い」ではいられない。給与分の働きをしなければ、会社は置いてくれないだろう。

この仕事、危険だし、体力いるし(山へ持って行く荷物は約10キロ)、日が暮れたら作業もできないから朝も早いし、厳しいと思う。急斜面で、自分の体とほとんど変わらない太さの大木を切り倒すわけだし。番組の中でも「うわっ、危ない!」というシーンがあったものね。

大塚さんは何とか、正式採用されることになったけれど(また来た巻物)、三馬鹿が言うように、もう甘えが許されないステップに上ったことになる。

この仕事は、木材を売って利益を上げるためではなく、いわば山のお手入れとして行われるそうだ。しかし上記の理由で、人材難は免れない。今回の番組では、「林業女子」として紹介されていたが、実際も男とか女とか、言っていられないのだろう。
広く言えばポジティブ・アクションの一事例なんだろうけれど、このように体力のある男性の方が圧倒的に有利であろう職種は、乗り越えるべきハードルも高そう。それこそ妊娠したら、きっとすぐにお休みしないといけないだろうし。
こんな情熱を持った人材をいかに受け入れていくか、適材適所を実現していくか。植林のあり方とか、危機回避の方法とか、機材の改良とか、まだまだ検討課題はありそうだと思った。

まぁ、「辛くて 夢を小さくまとめんじゃねぇ!」ってことですかね(「キングオブ男!」より)
当然のようにこの初回限定盤A・Bともに購入したけれど、初回Bの「Music Clipガイドブック」を読みながら、初回AのMusic Clipを見ると、いろんな想像(妄想)が広がります。初回Bのライブ映像にあったすば亮の絡みはリピートしまくりです。両方買ってよかった。
[PR]
by miki_renge | 2014-03-29 11:50 | ジャニーズ
<< 選択と集中は大事 THE就業規則 >>