元超未熟児・長女の歯列矯正

あっという間に季節の変わり目。
ブログもSNSも、時間のあるときでないとできないなぁとしみじみ。
Twitterでは時々、くだらないつぶやきをしておりますが^^;

さて、今日は久々に、1日在宅で1人企画会議やら事務仕事やら。
その合間に久々のブログ更新。
本日のお題は、中3長女の歯列矯正。去年の秋から、本格的に始めましたよー。

超未熟児で生まれ、顎が小さくて歯並びは滅茶苦茶だった長女。矯正の可能性を見越して、1歳過ぎから大学病院に通って経過観察していた。
中2夏休み、「冬休みまでに矯正器具を入れますかね?」という話になって、改めていろいろ考えた。
大学病院は、今通っている中学の目の前のバス停から1本(所要時間25分)で通いやすいが、やはり通院時間に制限がある。放課後、部活もあるし、週1回難聴学級にも通うし、結構な負担じゃないか、と。

これだけ歯医者さんが街にあふれる時代だもの、近所に矯正歯科ってあるんじゃない?と思い立ち、いろいろ調べてみる。と、徒歩5分の近所にあった。「矯正歯科学会の認定医・指導医」さんがいる矯正専門歯科が!

去年の10月半ばに初めて行ってみたら、信頼できそうな先生。
大学病院に紹介状を書いてもらい、こちらにお願いすることにした。

矯正に当たっては、まず抜歯。年末に、上の歯(第1小臼歯)を左右とも抜いた。
2週連続で抜歯になったため、長女、涙目^^; 痛み止めのお世話になった。

一方で矯正器具の選択とフィッティング。
長女は通常のワイヤーを使わず、インビザラインという透明なプレートを入れて矯正することにした。
これは取り外しが可能なので、虫歯のリスクが少ない。
長女の場合、53個のプレートを作った。このプレートを2週間に1回交換することで、少しずつ理想の歯並びに近づけていくそうだ。当然だが、プレートを交換してしばらくは痛いらしい。初めのうちは、朝、プレートが歯にはまらなくて、学校に遅刻しそうになったことも。

通院は4週間に1回。
この歯医者さんは、月に数回、土日も開いているのがありがたい。もっとも自宅から近いので、部活のあとの通院でも時間的には十分間に合う。

矯正を始めて半年弱。長女によると、やはり噛み合わせが変わってきたそうだ。

お値段のことや、インビザラインの長所やマイナートラブルについては、また後日。
そろそろ仕事に戻ります。「限界なんてきっとそんなモノない~♪」(「West side!!」より)

<お仕事の宣伝>
縁あって、「企業実務」6月号に、「ダイバーシティマネジメント」について執筆させていただきました。書店に置いていない雑誌ですが、機会がありましたらお手に取ってご覧ください。丁寧にフォローくださった担当者様に感謝。
併せて、拙著『「コマギレ勤務」が社会を変える―多様な働き方を目指して』もよろしくご贔屓に。
[PR]
by miki_renge | 2014-05-28 09:48 | 家族・育児
<< 続)元超未熟児・長女の歯列矯正 配偶者控除 >>