「ほっ」と。キャンペーン

職業人としてのプライド

思わず「資格とって個人事業者になったら?」と思ってしまった、昨日の「僕と彼女と彼女の生きる道」第九話。
副題が「和解」だったけれど、これは徹朗くんとそのパパ、義朗さんとの和解だったのね。
徹朗くんが、「肩書きでしか生きられない親父のようになりたくない」と反抗したときはどうなるかと思ったけど。
最後の「好きにしろ」はとても温かく響いた。
「肩書きなければただの人」に対する、強烈なアンチテーゼだね。そういう人、現実には多いよね。

でもね、義朗さん、あなたも当時は家族を養うために一生懸命働いたんでしょう。
奥さんの遺影に語りかけるその姿から、徹朗くんとは違うけど、家族を大事にしてきた過去がうかがえる(ように思える。だって漣さんも好き)。
徹朗くんの「ありがとう」は、心配してくれてありがとうという意味だろうけど、それまでの人生含めて感謝してるんだよ、きっと。

辞めた会社の元同僚に会いたくないっていう気持ちもよく分かる。私もかつてそうだったから。
これもプライドと言えばそうなんだけど、自分がその職場にいたときよりも幸せと感じられなければ、どうしても「自分は負け組」という意識になってしまうだろう。
まぁ、その幸せの基準もさまざまだろうけど・・・辞めたことを後悔しているうちは会いたくなくて当たり前。

宮林が言った、「お前(徹朗)のことは馬鹿だと思ってるよ、だけど自分の信念があれば俺がどう思ったっていいじゃないか」という言葉は響いた。
下手に「馬鹿じゃない、頑張れ」と言われると、かえって同情されている気になるから。
東ミッキー、いい奴やのぉ。

でも、エリート銀行員から皿洗いっていうのは、客観的に見るとやっぱり落差大きいよね。
職業に貴賎はないっていっても・・・
そういえば、先週金曜の「いいとも」(くさなぎくんがレギュラー)の「1位を当てちゃいけまテン」、「小学校の女の子の憧れの職業」の一位は食べ物屋さんだった。

凛ちゃんの「社会見学」と称するパパの職場訪問はよかった。ああいうこと、実際ももっとやればいいのに。働くパパママを誇りに思えるって幸せなことだ。

来週は裁判だ。でも徹朗くんはどう考えたって不利だろう。
ドラマは徹朗サイドで描かれているから、どうしたって徹朗を応援してしまうけど(くさなぎくんだし)、「7年間、凛を育てたのは私よ、たった数ヶ月で何が分かるの?」と言った可奈子さんの気持ちも理解できる。
専業主婦はある意味とても孤独な存在だもの。
夫にも振り向いてもらえなかったら・・・
でも、仮に凛ちゃんを引き取って働くようになったら、可奈子さんも考えが変わるかも。

ダラダラ書きすぎました。
いろいろ考えさせられます。
しかし、その後の「ぷっすま」で全てクリアされます。^^;
[PR]
by miki_renge | 2004-03-03 22:06 | ジャニーズ
<< サラリーマン川柳 国民年金の未納者対策 >>