春闘

春闘、日産がベア相当額含め満額回答

一時金、6社で昨年実績上回る NTTグループ8社
今年の春闘。まずはちょっと元気の出そうな話だ。
春闘なんて言葉、もう死語になっていたかと思っていた。

マスコミでは「ベアを取れなければ」という論調で弱体化している労組を非難しているものもある。
労組内部でも「ベア要求のない春闘では団結できない」という声があるらしい。

しかし、まぁ何と言っても今の課題は雇用を守ることなのだろう。これは数年来変わっていないことのはずだ。
成果主義型賃金制度になり、労組が一致団結してのベア要求は既になじみにくくなっているという事情もあろう。

個人的には一時金重視でもいいんじゃないかと思うのだけど・・・こう思う時点で既に経営寄り?
[PR]
by miki_renge | 2004-03-18 22:21 | 雇用・人事
<< 就職情報サイト 力づくの営業? >>