「障害児」を知ってもらうこと

昨日から、ドラマ「光とともに・・・自閉症児を抱えて」が始まった(日テレ系水曜夜10時~)。

今年年中さんになったうちの娘は運動障害で療育センターに通っているが、仲間には自閉ちゃんがたくさんいる。このドラマの原作コミックは、仲間で回し読みした。
皆、コミックを読んで泣いたと言っているが、一方で「世の中、こんなに周囲が理解してくれるわけじゃない」という話も多く耳にした。
実際、生まれた子が障害児だったことが原因で離婚した友人もいる。
療育センターだって空き待ちだ。幼稚園、保育園も受け入れがそれほど充実しているとも思えない。
うちだって、幼稚園は無理と言われ、(私の仕事の関係もあったのだが)保育園を選択した。でも保育園に入る際に、何度となく役所の担当者とケンカした。今は、入園できた保育園にはとても満足しているが・・・小学校進学となったら、ますます壁は高くなるだろう。

このようなドラマやコミックで、障害児に対する理解が少しでも進んでくれれば・・・と願う。自閉症なんて知られているようで意外と知られていないような気がするし。いや、一概に知能障害は外から見て分からない分、親は苦労するかも知れない。その点、「一目瞭然」の運動障害はある意味、ラクなのかも?少なくとも、「アンタの育て方が悪い」とは言われないし。まっ、うちの場合は未熟児だったから、そもそも未熟児で生んだアンタが悪い、とは何度となく言われたけど^^;

やっぱり、心に寄り添ってくれる人がいないとしんどいもんね・・・
[PR]
by miki_renge | 2004-04-16 00:05 | 家族・育児
<< 助成金 ゴールデンウィーク >>