年金保険料 切り替え制度があれば?

国民年金保険料の未納が発覚した麻生総務相がこんなことをおっしゃっておりますわよ。

「閣僚になった時に厚生年金から国民年金への切り替え手続きをミスした。多忙な中で(手続きを)やれる人はそうざらにはいない。閣僚になった時点で、役所が国民年金に自動的に切り替える制度にしておけば、この種の騒ぎにならなかった」
<詳細>

忙しいのは何も議員に限ったことではない(って、議員の忙しさを私は体験したことがないので分からないけど)。意識のある人は普通やっていることだ。
しかし一方で、コメントされているように、自動的に切り替える制度があれば未納問題は発生しなかったろう。これは議員及び閣僚に限らず、会社天引きの厚生年金から自分で納める国民年金に変更したときでも同じだ。

麻生さん、現行制度に問題があるというのなら、ぜひ切り替えの制度、作ってくださいよ。もちろん閣僚対象だけでなく。そうすれば未納問題も解決できるかも知れないから。
災い転じて福となす、を祈らせていただきます。^^
[PR]
by miki_renge | 2004-04-27 12:31 | 年金・保険
<< 2004年版中小企業白書 共働きが続けられる家 >>