最近の人事労務施策の動向

労務行政研究所から、「企業における人事労務施策の動向」が発表されています。(ファイルはPDFです)。

集計対象は260社なので、それほど多くはないと思うけれど、なかなか興味深いです。
で、例のごとく、ちょっと気になった点を。

★年俸制は3社に1社が導入。
 一方で、定昇は12.7%、職能資格制度は8.1%が廃止。
 →この流れは止まりませんなぁ。でもうまく運用できてるのか気になる。

★「永年勤続表彰」は実施率が66.5%、年々実施率が低下。
 →終身雇用が崩れてきてるから当然か。永年いればいいってもんでもないし。

★約半数の企業が女性管理職を登用。
 →私の周りにはいないなぁ。どのレベルの管理職なのか知りたいところ。

★職場旅行の実施率は2割。
 →なかなか若手は参加しないでしょう。女性にとってはセクハラの温床だし。

★企業倫理規定を作成しているのは27.3%、社内告発制度があるのは14.2%。
 →制度がなきゃ、告発できないわけでもないだろうけど。これからの分野かな。
[PR]
by miki_renge | 2004-04-30 10:56 | 雇用・人事
<< 雑誌の表紙に何てこと! 「新しい風」第三話 >>