内助の功

調べ物をしていたら、こんな文献にめぐり合った。
企業内教育、というか、社員の妻に対して行われていた訓練の教材から。

「夫の飼育法20か条−夫が妻に望むこと」
20のうち、いくつかあげてみよう。

1.毎日にこにこ顔で送り出し毎晩にこにこ顔で迎えること。
4.家庭での化粧を忘れぬこと。
5.会社のことは絶対しゃべらない。
6.家事のことはタイミングを心得て切り出すこと。
8.会社が大事か家庭が大事かなど追い詰めないこと。
10.日曜日は夫の慰安日であること。
11.夫の趣味を理解しなさい。
13.家庭に於て亭主関白にしてやること。妻であり主婦くさくならない。
17.子供中心もほどほどに。
20.尻を引っぱたかないで夫と一緒に走れ。

う~ん、時代を感じるなぁと思って見ると、昭和39年の資料(賃金管理研究所)。
20のうち10をあげたが、私なんてこのうちの1つも実践できてないかも。

まぁ、「社員の妻」教育はさすがに今はないだろうけど、社内結婚したら女性が辞めるとか、妻の仕事の継続という理由で夫の単身赴任が断れない、とかいう話は今でもよく聞く。社宅生活が夫の職場の人間関係の縮図で息詰まりそうだ、とも。もしかしたら、これを読んで笑い話と思っていない人もいるかも・・・
まぁ、内助の功は求められるわけですね。^^;

でも、1くらいは実行するように心がけよう。
[PR]
by miki_renge | 2004-05-10 12:34 | 女性と仕事
<< 朝礼 雑誌の表紙に何てこと! >>