続・ラジオ体操

以前、私が職場でやっているラジオ体操のことを書いたのですが、最近読んだ「総務部総務課わんだーらんど」という本に「ラジオ体操特集」というページがあり、思わず熟読してしまいました。
サイトもあり・コチラから。

#ちなみに私、前の職場でも今の職場でも、総務の仕事に足を突っ込んでます。この本の初めの方に、「ショムニ」(フジテレビ系でやってたドラマ、原作コミックあり)に対する痛烈な批判=お気楽なOLが会社で好き勝手やってる、が書かれていて思わず、そうそう!と妙に共感。^^; まぁ、フィクションですから。
さて、ラジオ体操。やってる企業って、結構あるんですねぇ。
うちの職場は3時だけど、朝、始業前にやってるところもあるらしい。
そして、その本に紹介されている限りでは、「身体をほぐすために」「血の巡りをよくするために」「どうせやるならしっかりと」という方が多数派を占めているように感じました。^^;
世の中の健康志向を反映する好事例かしら?

その本にも書いてありましたが、ラジオ体操って、昭和天皇即位の大礼の記念行事の一環として制定されたんですってね。
これが昭和3年。でも、背景には大正5年にスタートした逓信省の簡易保険普及という狙いがあったそうです。
興味のある方、「かんぽのホームぺージ」をぜひご覧下さい。こりゃ~トリビアだ。

そういえば、最近の小学生がラジオ体操を知らないっていう話も聞いたことがあるけれど、どうなんでしょう。私の小学生の頃は、夏休み、6時半に叩き起こされてラジオ体操に行き、終わったら判子をもらう、そしてまた寝る(笑)というのが日課でしたが。
あれが日本の夏の風物詩だと思っていたんですけどねぇ。
[PR]
by miki_renge | 2004-05-28 12:30 | 仕事場にて
<< 靴売場にて 虐待 >>