eメールでの納品

この仕事が一区切りしたから書いてしまおう。

先日まで、レポートをまとめる仕事をしていた。
項目がいくつか分かれていたので、3回くらいに分けて、完成した順にメールで送っていた。
そして、そのたびに確認の電話を入れていた。
しかし、私に発注してきた相手は、忙しいのか電話しても不在がち。留守の方が申し訳なさそうに、「お電話があったことを伝えておきます」と言ってくれるのみ。
せめてメール一本、「届きました」と連絡してくれればいいのに、それもない。

最後の納品のとき、やはり心配になって電話したら直接の担当者が出てくれた。曰く、「いちいち電話してこなくてもいいですよ、メールでの不具合なんて滅多にあるもんじゃないし、締切まで納品されなかったり、内容がおかしければこちらから問い合わせますから」とのこと。

もしかして、ウルサイ、ウザイ、と思われていたのかしら?

よく、「メールが届いたか確認の電話をしてしまう」という笑い話?があるが、仕事のやりとり(特に納品)の場合は、やはり確認したくなってしまう。だいたい、内容がこれでよかったのかも気になるし。
こういう仕事のやり方って、邪道になってきたのかしら? いちいち電話を入れる方が、相手の仕事の妨げになってマナー違反なのかな。
[PR]
by miki_renge | 2004-06-24 17:18 | 情報・IT
<< ポジティブ志向で 少子化って言うけれど >>