ポジティブ志向で

そんなに暇なの?と思われるかも知れないが、ただいま、くさなぎくんの相方(?)ユースケ・サンタマリアのエッセイ、「さよなら永遠に」を読んでいる。
(図書館で借りた。ちなみにその横には、くさなぎくんのエッセイ「これが僕です。」が並んでいた。)
ユースケがすごいなぁと思うのは、「とにかく、自分が楽しめることだけ考えてきたらこうなった」という、ある意味、ウルトラポジティブ志向だということ。
大分から上京して、とにかく有名になってやろうとか、そういうガツガツしたところがまるで感じられない。自分に向いているか、自分が楽しめるか、それによって周りも楽しめるか、ということをその時々で判断しながら、与えられたチャンスをうまく生かしている。
そういや、本人も書いてるけど、彼はあるとき突然ブレイクした、という印象はない。いつのまにか、すすす~っ、と出てきた感じだ。
楽しくてナンボ、という考え方は人生の基本だよねぇ。

私から見るとユースケだって相当のマイペースだが、その彼が認めるマイペース人間がくさなぎくんだ。エッセイに「剛」という項目があるが、「マイペース、至って普通、テレビのまんまのあの笑顔」と評されている。
そんな組み合わせの二人だから、あの「ぷっすま」という番組の雰囲気が生まれるのね・・・

さて、昨夜、その「ぷっすま」をビデオで見て大笑いした。
ギリギリマスターで見事最下位となったくさなぎくん、罰ゲームで、ストッキングをかぶってSMAPのデビュー曲「Can't Stop!! Loving」を歌っている。
しかも音程ずれてるし。

そしてくさなぎくんは、モスクワに出かけていった。
「いいとも」は欠席だった。
「F2」をちゃんとビデオ録画しておいてよかった。
吾郎ちゃんも慎吾ちゃんも一緒。1泊3日とかいう話だけど、楽しんできてね。

ユースケに敬意を表して、「ホームドラマ!」の最終回も見た。
堂本剛くんの最後の独白、
「あゆみ(←亡くなった剛くんの奥さん)、あゆみの世界には神様がいるの?いたら伝えて欲しいんだ。
この世界には辛い事が多すぎるよ。
そして、その気持ちが癒された人より、救われないままの人の方が多いと思うんだ。
でも、それがもし、この世界にとって必要なことなら、せめて、心を開ける人を与えてあげて欲しいんだ。」
とか確かこんな感じ。そうなんだよね・・・
つらいときに、つらいって言って受け止めてくれる仲間がいるっていうのはありがたいことだ。

さて、週末はたまった「新しい風」のビデオを見よう♪
[PR]
by miki_renge | 2004-06-26 09:24 | ジャニーズ
<< 公立保育園の民営化 eメールでの納品 >>