公立保育園の民営化

「少子化なんてとまらないっ!」にトラックバック。

今、うちの自治体では、「全ての公立保育園の民営化」と「公立幼稚園の廃止」が検討されている。
つまりは、財政難でお金がないからである。
こういうニュースを聞くと、「少子化対策」なんて本当にやる気があるのかな、なんて思ってしまう。

公立保育園の民営化については、全国的な流れとなっている。一部には、選択肢の幅が広がり、待機児の減少や長時間保育・休日保育のニーズに対応できている、という評価の声もある。
しかし、これらのコストは、保育料の値上げ、保育の質の低下、ということで跳ね返ってくる(ように思われる)。
今言われているのは、主に以下に集約される(らしい)。
・定員の弾力化 
 認可保育所は設備や職員数によって定員が決まるが、これを緩和しようというもの
・職員はパートや非常勤で
 しかも、人件費の高いベテラン保育士は雇わない、という話も
・結果的に、保育料の値上げへ
 民間がやるんだから、儲けてナンボ。これまで役所で決めていた保育料は、保育園が決める。

もちろん、民営化が全てダメというわけではないだろう。役所だって、一定の縛りは検討しているはずだ。
しかし、近隣の自治体で民営化に踏み切ったところの話を聞くと、「障害児は受け入れ不可になった」「アレルギーのある子は給食を作ってもらえず、毎日お弁当」「先生の入れ替わりが激しく、子供が不安定になった」と、少なくとも私の周りではいい話はない。
本当にするのかなぁ、民営化・・・
まぁ、うちの娘は年中だから、たぶん卒園までにはないだろうけど。でもこれじゃ、次の子を保育園に、なんて、ちょっと怖いなぁ。

じゃぁ、もし次の子を授かったら、仕事をやめて幼稚園に?
いや、近所の公立幼稚園ももうすぐ廃止でっせ。
これもコストがかかるんだって。
はっきり言って、「私立の幼稚園があるから、そこに通わせて下さい」ってことだ。
ちなみに、私立の費用は、平均して公立の4倍ほど。
就学前の集団生活を学ぶという意味の幼稚園も「贅沢品」になる。裕福な家庭しか通えなくなるんじゃないのかな。

子育て支援にもっとお金を使ってくれないかなぁ、っていうのは、ワガママですかね?
子育て中の主婦も働いて税金・各種保険料を払って社会貢献しろ、というんだったら、その前提として、安心して子供を預けられる場所を確保して欲しいと思うんですけど・・・
[PR]
by miki_renge | 2004-06-29 12:34 | 女性と仕事
<< 社印 ポジティブ志向で >>