諸悪の根源は冷蔵庫?

商店街関係のとある資料にて。
「商店街の衰退は冷蔵庫の普及のせい」という暴論?を読んだ。

昔は、家庭に冷蔵庫がないために、近所の商店にちょくちょく買い物に行った。
商店街が家庭の冷蔵庫代わりだった。
しかし今は、女性の社会進出ともあいまって、週に1、2回、郊外店やスーパーでまとめ買い、という方が普通になりつつある。
よって、その資料の作成者は、「商店街の再活性化のためには、冷蔵庫を使用禁止にすること」と結んでいた。
さらに、副次的な効果。
まとめ買いの弊害として、どうしても腐ったり、余ってしまう食材が出る。もちろん、トレイやパックも。
まとめ買いしても2割程度は廃棄されるというデータもあるのだとか。
そう、冷蔵庫がなければ、無駄な買い物もしないしゴミも出ない、ということだ。

冷蔵庫はそれなりに電気料も食うし、冷蔵庫をなくすことで無駄を減らすことができる、地球にも地域にもやさしい生活ができるのではないか、とのこと。

現実的には、冷蔵庫のない生活は考えられないが、こういう着想もあるんだな・・・

でも、今なら冷蔵庫代わりは「商店街」ではなく、「コンビニエンスストア」になるんだろうね^^;
[PR]
by miki_renge | 2004-07-01 21:45 | 商品・サービス
<< 連絡くらいしなさい! 社印 >>