両立?子育て放棄?

家の掃除をしていたら、10年以上前に購入した「女性が子育てしながら働き続けるための本」とかなんとかいう本が出てきた。10年前は出産しても仕事と両立させて一生働くつもりでいたんだった(遠い目)。

で、その本。今読んでみるとすごい。
何がすごいって、「とにかく仕事優先」というところだ。
「二重、三重保育は当たり前、一時のことと割り切ってケチらないこと」
「頼りになるのは実家の母親。とにかく甘え上手になろう」
「残業できないときは、自宅に仕事を持ち帰って徹夜してでも仕上げるガッツが必要、できないと言ったらそこで捨てられる」
「海外出張時で身内に預けられない場合は、日本からベビーシッターさんを随行しましょう」

いやぁ、なんっつーか、一昔前の「モーレツ社員」の女性版って感じ。
体験談も、「ウィークデーは子供の顔を見ることはありませんが、充実しています」なんてものがあったり。

私が、実際子供を持った今だから言えるのは、
「こんな生活、絶対できないよ~」
ってこと。
こんなの両立じゃない、極論すれば「子育て放棄」だ。
いくら、子供と接するのは、「量(時間)」より「質」だと言っても、限度ってもんがあるだろう。

でも、一昔前はここまでしないと働き続けられなかったのかもな。うちの職場でも似たような人は少なくなかったし。

異論はさまざまあるだろうが、少なくとも私がこの本の通り実行していたら、きっと家庭は崩壊していただろうな。
もちろん、そうやって頑張っている人を否定する気はない、素直に「すごい」って思っちゃいますが。
[PR]
by miki_renge | 2004-07-25 00:48 | 女性と仕事
<< コラボレーション 年金の経過措置 >>