「新規適用届」

今日から社労士の事務指定講習。
今日は健康保険と厚生年金保険。

今日のお勉強の一つ、健保と厚年の「新規適用届」の書き方(事業主が提出するもの)。
その事業所の名称や住所、電話番号などを記入するのは当然として、一緒に提出する「新規適用事業所現況書」には、所有する不動産やら車両やら電話加入権やら、取引先、取引金融機関等を詳細に記入する欄がある。
初めは、「ちゃんと事業をやっていることをアピールするために、細かく書く必要があるんだろうな」と思っていた。
すると講師の先生は、そういう側面もあるが、「保険料が入らなかったとき、差し押さえしやすいように」とおっしゃっていた。
所有する機械や什器を記入する欄もあるが、できるだけ高価なものを書いた方が印象がよくなるらしい。パソコンとか応接セットとか。

差し押さえか・・・大いにありうる話だよね。

一日座りっぱなし、聴きっぱなしはさすがに疲れたが、あと3日、頑張ろう。
[PR]
by miki_renge | 2004-08-16 23:39 | 資格・勉強
<< 社会保険への認識 市町村合併と名前 >>