講習、あと1日・・・

事務指定講習3日目。今日は労働基準法・労働安全衛生法、労働者災害補償保険法。

今日講義して下さった先生は、社労士の将来性について、
「金銭的な尺度で考えれば、必ずしも儲かる仕事かは分からない。しかし、社会において困った人の役に立つ、という視点で考えれば、こんなに感謝される仕事はない。」
「社会保障制度は少子高齢化が進むかぎり、ますます重要かつ検討されるべき制度であり、その専門家として社労士は期待されるべき存在である」とおっしゃっていた。
なるほど・・・

しかし、今日やった労災は制度が複雑でどうもまだ理解し切れていない。社労士の先生も労災を専門にしている人は少ないようだが・・・
もっとも、そんなに労災事故がたくさん起こったら困るよね。
それにしても、先生達、みんな話が上手い。寝ている暇などない。
もちろん、ベテランの先生達を揃えているんだろうけど。
また、周囲の受講生も熱心だ。登録するために来ているのだろうから当然なのだが。
仲間もできたが、とにかく皆、真面目でびっくりする。毎日、大いに刺激されている。
あと1日、頑張ろう。
[PR]
by miki_renge | 2004-08-18 21:53 | 資格・勉強
<< 手続きの重要性を伝える 社会保険への認識 >>