過労死

こんな裁判があったんですね。
「バイト50日で過労死認定」

90時間の残業、そして心臓発作。まだ21歳なのに、親はやりきれないだろうなぁ。
照合の仕事ねぇ、あれって神経使うのよ。私もすこ~しだけ経験したけど。
厚生労働省が平成13年に定めた基準だと、概ね月間45時間を超える時間外労働は、過労死の危険性ありとなっている。
さらに、脳・心臓疾患の発症と時間外労働の関係でいえば、発症前1ヶ月間に約100時間を超える時間外労働は発症との関連性が強く、発症前2~6ヶ月の間に月平均約80時間を超える時間外労働は発症との関連性が強い、とされている。

私も月100時間くらいの時間外労働は何回か経験があるが、そりゃもうフラフラしましたよ。あれが半年も続けば、真剣に命の危険も感じただろうな。
でも、なかなか「もう限界」とは言えないのがつらいところ・・・このご時世だし・・・

自分の体調は自分で管理しなさい、という意見はもちろんもっともだが、「身体がきつくて辞めました」と言って次の職場がすぐ見つかるかというと厳しいものがある。古い人であれば、「根性が足りない」「転職経験が多いのはマイナス」と見るかもしれない。
いやそれ以前に、責任感が強ければ強いほど、「自分がしっかりしなければ」と思ってしまうだろう、実際、自分がいなくても仕事は回るのに。

バイトでも正社員でも同じ。会社を辞めるにはそれなりの覚悟とエネルギーがいるのだ。ボロボロになってからでは決断力さえ鈍る。

このバイトさんも、きっと真面目だったんだろう。バイトという不安定な立場ゆえ、頑張りすぎてしまったのかも知れない。
ご冥福をお祈りします。
そして、もうこんなことが起きませんように。
労働者にも、使用者にも、そして政府にも、重く受け止めて欲しい。
[PR]
by miki_renge | 2004-08-31 12:12 | 雇用・人事
<< 「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」 夢のために働く人 >>