今年の社労士試験

今更で恐縮ですが・・・今年の社労士試験、結構難しかったらしいですね。特に社会保険分野が。
某掲示板をちょっとだけのぞいて、試験問題をざーっと見ただけなのでたいしたことは言えませんが。

よく目にしたのは、「基本事項を問うものより、重箱の隅をつつくような細かい論点を問うものが多い」という意見。
「過去問レベルではとても解けない」という嘆きも。
う~ん、確かにそうかもねぇ。
でも、有資格者仲間と話すのは、「社労士試験って、実務に直結してるから、決して無駄な勉強じゃないよね」ってこと。
試験内容は、手続き関係中心でとっつきにくいのは事実だが、実務では避けては通れない部分でもある。
そして、実務で問題になるのは、「原則」ではなく「例外」の方がはるかに多い。

だから、本当に社労士業務をやっていきたい人は(もちろんそうでない人も)試験問題に文句を言わずに勉強しなくちゃならないんだろうな。
まぁ、自分も受験した当時は、「ここまで覚えるのかぁ~」と思ったけど・・・

現在、法改正情報のインプットに四苦八苦しております。^^;
[PR]
by miki_renge | 2004-09-03 00:17 | 資格・勉強
<< 子連れOKの美容室 「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」 >>