「便箋」は時代遅れ?

ある友人から近況を知らせる手紙をもらった。
最近は、友人・知人との連絡手段は専らメールだが、郵便受けに封書が入っているとなんだか嬉しい。

せっかくなので、お返事もお手紙で出そうと、レターセットを探す。
家の引き出しに入れておいたはずなのに・・・ない。あれ、去年の大掃除のとき、もうあまり使わないだろうし、と思って処分しちゃったっけ?

そこで、コンビニに行く。
レターセット、あるかな・・・ない。
ごく普通の茶封筒はあるけど、便箋がない。
できることなら30代の女性が使えるようなお上品な(笑)レターセット、それでダメならせめて便箋だけでも。
アルバイトらしき店員さんに、一応尋ねる。
「あぁ、これですか?」と差し出されたのは、のし袋だった。^^;
仕方ない、文房具屋へ行こう。
自転車をこいでちょっと遠くの文具屋へ。
店の片隅に、レターセットのコーナー発見、やった!
と思ったが、う~ん、派手なデザイン、これは中高生が授業中に(!)使うような便箋だな・・・

メールが当たり前になって、手紙を書く文化って廃れてきちゃったんだろうね。
メールの方が早いし、安いもんね。封書は80円かかるんだもの。
「便箋」と伝えてのし袋を出すおにーさんがいるくらいだ。今に「便箋」が死語になるかも知れないな。

で、結局、まだお返事は書けていない。ごめんなさい。
[PR]
by miki_renge | 2004-09-15 12:32 | 商品・サービス
<< コンピュータと上手に付き合う 「懲戒解雇」 >>