カセットテープ

飛び石連休を利用して、車でちょっと遠出してきた。車でお出かけというのは久々だ。

ドライブというとやはりこだわるのがBGM。
娘が一緒なので大抵は童謡や「おかあさんといっしょ」などの歌が中心なのだが、以前一生懸命作ったカセットテープも一応持っていった。

以前・・・?う~ん、7、8年前のものかなぁ。
好きな音楽だけを集めてオリジナルテープを作るのが好きだったんだけどなぁ(例:ジャニーズタレント主演ドラマ主題歌集、など^^;)
CDやMDなどが普及し、急速に衰退していったカセットテープ。
記録メディアとして長い間君臨し、「ウォークマン」などのヒット商品を生み出すもととなってきた商品だったはずなのに。今だって、安価で手軽で、使い勝手がいいのに。
そういえば、ミニコンポなどでも、カセットを再生できるものが少なくなってきている。この前、電器店に行ってびっくりしたことを思い出した。

大事に取っておいてたまに聴いていたカセットテープだが、今に聴けなくなる日がくるのだろうか。今のうちにデジタル化しておいた方がいいのだろうか。なんだか寂しいけど。
フロッピーディスクとどちらが先に姿を消すだろうか、などと、ドライブしながら考えてしまった。

参考:「社団法人 日本レコード協会」
カセットテープの生産数量と生産金額
[PR]
by miki_renge | 2004-09-26 20:06 | 商品・サービス
<< 万引き対策本屋編 「元日くらい休もうよ」 >>