自社製品への愛

今、関東では「スタアの恋」の再放送やってますね。私も観てます(リアルタイムで観て、DVDで観て、再放送もビデオに撮ってまで観る私って一体・・・)。
スタアの桐島ヒカル子(藤原紀香)とサラリーマン中田草介(くさなぎくん)のおとぎ話。
紀香のオーラと比べて、相変わらず一般人やらせたら日本一のくさなぎくんです。

このドラマ、隠れた主役は「ハム」(くさなぎくんは「サンマルコハム」という会社にお勤めという設定)。自社で扱うハムについては非常に詳しく、あちこちで売り込んじゃうくさなぎくん。「サンマルコハム」の面々は、自分達のハムに絶対の自信を持っていることがうかがえました。
営業ってのは、最後には自社製品への愛がものを言うんだよね。小手先の技術じゃなくて。
就職してからずっと、食品関係の会社にご縁があった私としては嬉しいですよ。
これまで提供してきた食品が、もしかしたらこんな風に、運命の出会いを呼んでいることだって
あるよねぇ。

そもそも食は人間の基本。いかに楽しく食べるかってことを考えなくちゃ。
[PR]
by miki_renge | 2005-04-08 10:38 | ジャニーズ
<< 地震対策 外国人の日本観 >>