地震対策

Excite エキサイト : 関東地方で強い地震、茨城・千葉で震度5強

最近、地震多いですね。今朝も揺れました(もっとも私は朝食の支度をしていて気がつかなかったのですが)。大きな被害がなさそうなのが幸いでした。

私は自分でも異常ではないかと思うくらい、地震に怯えている。
私の故郷は、四半世紀以上東海地震の恐怖に怯え続けている静岡だ。小さな頃から、あらゆる場面で地震の怖さを刷り込まれてきた。小学生時代は学校の指導で、通学のときはいつ地震がきてもいいように、常にヘルメットをかぶっていた。避難訓練も多く(しかも抜き打ち)、また、授業はしばしば地震対策の講話にすりかわっていた。
もっとも、静岡を離れてからは、「防災意識は高いし、東海地震は予知の可能性があるから、実は静岡が一番安全なんじゃないか」という思いもあるが。

一応、我が家も防災対策はしてある。
と言っても、「緊急持ち出し袋を用意する」「家具を固定する」「寝室に家具は置かない」「就寝時はラジオと懐中電灯、靴を枕元に置く」「風呂の水はためておく」「外出時には緊急連絡先メモや小銭を携帯する」というような、ごくごく当たり前のことしかしていない。これでいざというとき、身を守れるのだろうか。いや、私だけならともかく、小さな子供がいるとなると・・・

とりあえず、これだけ地震が頻発すると、ほんの少しでも何か対策をしておかないと気がすまない。昨日は寝室のエアコンを固定するためにベルトをつけた。これも気休め程度かも知れないが・・・



それにしても、地震に限らず、災害時の政府・行政の対応が後手後手に回っているのが非常に気になる。いざ災害が起こっても、ちょっと落ち着いたと思ったら、「今回の災害を教訓に・・・」と呑気なことを言っているだけ、でも実際には自助努力を促すことくらいしかしていないんじゃないか、と突っこみたくなる(いやそれ以前に、まだ恐怖に怯えている被災者に対して「教訓にする」は失礼ってもんじゃないだろうか)。これはマスコミも同じだが。

たとえば、耐震診断にもっと思い切って補助をしては? 
福岡の地震でガラスが飛び散ってたけど、飛散防止対策も行政主導でちゃんとやったら?
ライフラインは本当に大丈夫? 原発は心配だよ。
鉄道は?東海道新幹線なんて老朽化が進んで危ないとも聞くよ。
そうそう、歩道橋も危ないって聞いた(屋外で地震に遭ったら歩道橋からは逃げましょう)。

もちろん、住民の側も自分でできること(最低限の食料の備蓄など)はやる必要があるだろう。でも、まち全体を守るのは、やはり行政主導でお願いしたい。そのための税金なら喜んで払うよ、って人も多いんじゃないだろうか。
東京では、確か今後10年で地震の死傷者数を半分にする、という話があったが、そんな悠長なことでいいのかな、と思う。できるだけ早くお願いしたい。

一瞬で全てのものを奪ってしまうかもしれない災害。備えて備えすぎることはない。
[PR]
by miki_renge | 2005-04-11 11:26 | 社会・経済一般
<< 雑誌の資格取得コーナーで 自社製品への愛 >>