女性活躍推進法

先週、融資窓口相談日のお昼休み。食堂についていたテレビで、「女性活躍推進法案」が参議院本会議で可決されたことを知った。
そうかぁ、長かったねぇ。
でも、無事に可決されたんだ。

この法律によって、企業に女性の採用比率や管理職の割合など数値目標の設定と公表が義務付けられる(従業員数300人以下は努力義務)。
義務付けによってすぐに何かが劇的に改善するとは思えないが、制度を変えることによって、意識や雰囲気が変わるというのはよくある話である。人事制度改革なんて、まさにそれだ。
企業にはこの機会に、女性と言うよりは男性の働き方の見直しをしてくださるようお願いしたい。それがなければ、男女の役割分業意識は変わらないもの。

そんなことを思いながら、月刊「企業診断」9月号の特集記事「女性が経営を変えていく!」の総論を執筆させていただきました(初めの1ページはネットで立ち読みもできます)。
大きめの本屋さんやネット書店で購入できますので、ぜひぜひお手に取ってみてください。女性経営者・起業家や、女性診断士およびその予備軍の方にもお勧めします。
[PR]
by miki_renge | 2015-09-03 17:38 | 女性と仕事
<< 選択肢はあるはず(子持ち女性の... 育休復帰プランナーのお仕事 >>