「ほっ」と。キャンペーン

「ウソウソ、カワウソ~」といってほしい

今夜の(いやもう昨夜か)日テレの「ベストアーティスト」を見て吹っ飛んだ。
田口、なぜそんな決断を…
べスアまで「日本の出番!」を呑気に見ていた我が家、数時間前に戻りたい。

もっとも、振り返ってみれば予兆がなかったわけではない。
今年5月のquarterコンの最後で田口が泣いたこと、中丸がそんな田口の肩を抱いたこと。
来年は10周年なのに、KISS×3以来新曲が出ないこと、期待していたカウコンもなく、春コンについても具体的な話が全く流れてこないこと。
タグチューンが終わってしまったこと。
もともと4人のなかで、一番危ういものを抱えていたのは田口だった、とは思う。

それでも、「タメ旅」や「少クラプレミアム」から、4人のKAT-TUNが順調に活動している様子がうかがえて、あぁ、このまま行くんだろうな、と思っていた。

3人は、いつ知ったんだろう。
ジャニーズウェブを見ると、だいぶ前から話し合いはしていたみたいだけど。
それでも、昨夜のがつーんも、田口の30歳の誕生日のことを話してたし、
中丸は「シューイチ」で、べスアについて「少しでも映れるように」と言っていたし、
今日発表するということは、突然決まったのかな…何となく、本当に突然だった気がする。あの3人の動揺っぷりを見ると。中ぺもかつマニュもいきなり更新が滞ったし。

まして、ヲタにとっては、特に4人のKAT-TUNでいよいよ沼に落ちた新規にとっては、衝撃以外の何物でもない。
さっき「予兆がなかったわけではない」と書いたけれど、赤西や聖くんのときほど明らかなものではなかった。むしろ、グループで唯一「ずっとKAT-TUNが好きだった」と公言していた田口が?なんで?と思うもの。
いつもニコニコ笑顔で、キレッキレのダンスで、間違いなくKAT-TUNに貢献していたから、余計に残念でたまらない。

まぁ、そうは言っても、契約を更新しない判断は当然認められるわけであり(労働基準法で禁じられている「人身拘束」になっちゃうものね。どんな契約か知らないけど)、彼にはジャニーズ事務所を退社する自由も権利もある。
冷静になって考えてみれば、ジャニーズの他のタレントだって事あるごとに「アイドルだけでは食べていけない」って言っているものね。この先、どんなビジョンがあるのか知る由もないけれど、「30歳で一区切り」というのは、世間一般でいえば違和感はなく(私も30歳で前々職を退職したんだっけ)アイドルとて例外はない。
特に、10代の多感な時期からこの仕事をやっていたのだから、方向転換したくなっても不思議はない。それはたとえファンであっても責められない。アイドルも生身の人間、自分の人生がある。
まして10周年という区切りの年を迎えるにあたって、グループ活動への影響を考えると、これ以上は残れない、と思ったのかもしれないよね。

ただ、残った3人の気持ちは察するに余りある。
2年前の10月、聖くんの脱退のときも、おかめちゃんはドラマの番宣で話すことになり、中丸はシューイチで話すことになり(どちらも生放送、偉かった)、今は上田は舞台中。
本当は「今日は会社休みます。」と言いたいところだけど、彼らを見ていると、そうは言ってはいけないと思う(実際、仕事は溜まっている…)

大人の修学旅行京都編で「まとめられていたら人数減ってない」と話した中丸の言葉を、田口はどう受け止めていたんだろうと想像すると切ない。
「お兄ちゃん」を落ち込ませてどうする~田口~!!
これから「タメ旅」をどういうテンションで見ていいか悩む。見るけど。3人になってもこの番組だけは続けてほしい、天の声さん是非!

おまけ。
今日のべスア、途中で消してしまったけれど、すばるが侍唄の「寄り道はしないで」の歌詞を「振り返りはしないよ」と歌ったらしい。錦戸ならともかく(苦笑)、すばるが歌詞を間違えるなんて滅多にないから、田口へのメッセージなのではと話題に上っていた。
田口はヨコやすばると仲良しだもんね。先週の「少プレ」でも思ったけど、田口、愛されてるなあ。大天使、永遠の末っ子キャラだものね…心から、嘘だと言ってほしい。

【11/25朝 追記】
生放送での事前報告がこんなにきついものだとは思わなかった。
事後報告も「ええっ、お別れも感謝も伝えられないの?」とやるせなさを感じたけれど(聖くんのときね)、あと4ヶ月の猶予は残酷でもある。
[PR]
by miki_renge | 2015-11-25 01:15 | ジャニーズ
<< いろいろ思いを巡らせている 「サムライせんせい」が面白い >>