「ほっ」と。キャンペーン

アイドル事務所はどこへ行った

思えば、新年一発目のブログに、今年はKAT-TUNとSMAPを応援していきたい、2グループともチャレンジしているから…と書いたばかりだった。
昨年後半から、SMAP、攻めてるなーと感じることが増えていたけれど、こういう事情があったのか…
というわけで、昨年11月24日以降、さらにいろいろと考えております。

何となくだけど、田口は本当は辞めたくて辞めたいわけじゃない、事務所とどうしても折り合えない何かがあったんだろうな、とか。
SMAPの一連のゴタゴタと、田口の脱退発表の根っこにあるものは同じなのでは、とか。

ジャニーズ事務所も、言ってみれば事業承継を考えるタイミング。
昨年末におうかがいした「女性のための事業承継塾」でもお話したのだが、事業承継時というのは、組織が一番不安定になるときでもある。一般企業でも、ここで派閥が明らかになり、分裂することは珍しくない。

だけど、そこに所属する従業員(ジャニーズ事務所の場合はタレントだが)にとって、自分の力では解決しにくいトラブルに巻き込まれて、ミッションが遂行できないなんて、たまったものではない。そんな組織からは逃げ出したい、もっと自由に活動したい…と思っても不思議はない(なかには「組織にしがみつきます」タイプもいるだろうけれど)

今回は、中丸がことあるごとに言っている「夢を与える存在」であるアイドル事務所が、裏側のドロドロを見せてしまったことを、とても残念に思う。ファンはそんなものは見たくない。

さて、今後どうなるかはまだ分からない。
ただ、中丸が今朝のシューイチで話していたように、「記事は想像の範囲内で書かれたものも多いと思う」「真実は限られた人しか知り得ない」「今は公式の発表を待つしかない。それまで右往左往しなくていいんじゃないか」と話したのが全てだと思う。
ホントだね。憶測記事を数え切れないほど書かれたであろうKAT-TUNのメンバーだからこそ言える、説得力ある言葉。

こうしてシューイチの中丸を見ていると、情報リテラシーの重要性を常に感じる。政治的な問題におけるコメントでも、「受け取る側もただ批判するのではなく、知ったうえで意見を持つべし」という趣旨の発言をしているものね。
コメンテータの皆さんからも、そういうスタンスが読み取れる。
これ、すごく大事なこと。感情的になると疲弊する。振り回されないように、冷静に。

…でも、本人から生放送で脱退発表されたことの重みってあるよなぁ。
[PR]
by miki_renge | 2016-01-17 14:53 | ジャニーズ
<< 野尻知里さんの本 今年のテーマは「てっぺん取ろうよ!」 >>