技術の進歩に感謝

このところ、テレワーク関係の知見に触れる機会が増えてきた。
テレワークは、もちろん適している業種と、そうでない業種があると思う。
ただ、導入のハードルは、企業側にとってはそう高くないと感じている。むしろテレワークに抵抗を示す企業は、そそもそも業務分掌や評価制度などのマネジメントがしっかりしていなかったり、IT環境の整備が遅れていたりするケースが多いのではないか。だとしたら、働き方を変えるチャンスと捉えられたら、と思う。
むしろテレワークのハードルは、住宅環境だと個人的には思っている。共同利用型のテレワークセンターが今後整備されてほしい。

ということで、私自身も実践。
数年前から、リアルの打合せに加え、チャットワークを活用。
先日はハングアウトでも打合せを行った。
これは慣れると、とても便利。多人数には向かないかも知れないが、2~3人なら十分。
移動時間・交通費の節約になるし、夕食や入浴後に打合せできるのは、主婦士業にとっては大変ありがたい。

技術の進歩と言えば…
高校生の長女が、「スタディサプリ」なるものを始めた。
リクルートがやっている、月額980円でいつでもスマホやPCから受けることができるオンライン学習サービス、スタディサプリ。ちょっと覗いてみたが、内容は恐らく予備校の映像授業と大差ない。
予備校に通う時間とお金は、劇的に節約できる(もともと学校の授業をしっかり受けていれば、予備校も塾も不要だろうけれど、それを補う機会があるのならありがたい…回し者ではないですよ^^)
長女はPCで受講しているが、不明点があればすぐにネット検索して調べているようだ。良いやり方だと思う。

技術の進歩は、時間、場所、お金といったさまざまな制約条件を解消してくれる。
そんなビジネスを考えてくれる人たちに感謝!
[PR]
by miki_renge | 2016-07-30 16:55 | 商品・サービス
<< 裁判傍聴 ザ・広報活動 >>