雑誌の資格取得コーナーで

昨夜、娘が入院していたNICUで知り合ったママ友達から電話があった。
彼女は、私が娘を出産する少し前に、やはり25週の早産で女の子を出産していた。
そして、ちょうど1年前にめでたく第二子を出産している。
私と同じく早産体質の彼女は、やはり第二子のときも入退院を繰り返し、しまいには24時間点滴、食事もベッドの上の絶対安静状態。それでも39週まで持たせたそうだ。
似たような経験をしている友人の励ましは、何よりの元気のもとだ。

そうそう、入院中の話。
大部屋に妊婦・出産雑誌やら女性誌が山積みになっていたので暇に任せて読んでみると、資格関係の記事(宣伝を含めて)がやたら目に付く。
曰く、「出産後の再就職はこれで決まり!」「独立・開業も可能、育児とラクラク両立」。
某士業(診断士でも社労士でもない)に至っては、「一生安泰」と紹介されていた。ひえ~。

一生安泰の資格なんてあり得ないよ・・・
私も、一応「士業」系資格を持っているけど、声を大にして言いたい。そんなに甘いもんじゃないよ、って。
資格取得はあくまでスタートライン、本当に必要なのは「1.実務経験」「2.コミュニケーション能力」「3.向上心」だろう。そしてこの3つは相互に関係していると思う。一つでも欠けたらダメだ。

もちろん、資格取得に向けて勉強することそのものは自信につながると思う。
でも、「資格を取れば人生バラ色!」という雰囲気の記事には、思いっきり突っ込みを入れてしまいたくなる。まぁ、それだけ主婦の再就職が厳しく、家計も苦しいってことの裏返しなんだろうけどね・・・

とりあえず、ダメ出しするのに疲れたところで、今は寝ながら「確定拠出年金(DC)」周辺のことを勉強してます^^; 社労士の試験ではあまり重視されなかったところだから、知識が薄いんだよねぇ。DCってこれから脚光を浴びる制度と言われているけれど、実際どうなのか・・・まだ見えない。
[PR]
by miki_renge | 2005-05-17 11:47 | 資格・勉強
<< 育休→退職はNGですよ 地震対策 >>