新聞ってすごい

自宅に戻って、改めて自分が「浦島太郎状態」だったことに気付く。

入院中はずっとラジオのニュースを聴いていた。NHKのニュースはシンプルでいいのだが、ニュースそのものしか伝えてくれないので味気ない気がした。

テレビ付きの個室に入っていた仲間は、やたらワイドショーネタに詳しくなっていた。診察を待っている間によく若貴騒動やら悪質リフォームやらの話を教えてくれた。

歩行が許されている仲間は、公衆電話まで行って、インターネット経由で情報を得ていたようだ。

皆で話した結論。それは「新聞ってありがたいよね」ってこと。
記事をしっかり読まなくても、記事の大きさを見れば、どの程度のニュースなのかだいたい分かる。見出しだけでも何となく想像がつく。
また、大きなニュースには、必ず「街の声」「識者の見解」が掲載される。世間でそのニュースがどのように捉えられているか分かる。さらに、数日後にはそれらの分析記事が載せられたりする。断片的なラジオやインターネットによる報道とはそこが違うのだ。

月々3千ナンボ払っている新聞。これまで隅々まで読むことはほとんどなかったが、これからはもっとしっかり読もうと思う。
[PR]
by miki_renge | 2005-07-26 17:33 | 商品・サービス

高校生と小学生の娘を育てながら働く主婦。中小企業診断士・社会保険労務士。静岡出身、東京在住。SMAPとKAT-TUNを応援中。


by miki_renge

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ご用の方はこちらから

検索

カテゴリ

仕事場にて
雇用・人事
年金・保険
情報・IT
女性と仕事
商品・サービス
資格・勉強
社会・経済一般
家族・育児
サッカー
ジャニーズ
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...