パソコンの寿命って?

確か4年前に購入したこのパソコン、ここ数日、シャットダウンができなくなったりインターネットが立ち上がらなくなったり、トラブル続きだった。共有している夫のアカウントでログインすると全く問題なく動くのが憎たらしい。
仕方ないので、今朝、メーカーのサポートセンターに電話した。
リカバリーの仕方等を教えてもらって、一応、トラブルは解消されたのだが・・・

原因は何でしょうか?と担当者に尋ねたところ、「それは分かりません」とのお返事。ただ、いつパソコンが完全破壊するかも分からないので、全てのバックアップを取っておくことを勧められた。
バックアップはともかく、自社製品に対して「もういつ壊れるかも分からないから・・・」と平然と言う担当者にちょっとムッとして、つい愚痴の一つでもこぼしてやりたくなった(→性格悪)。

「でもまだ購入して4年です。それに決して安くない買い物です。大事に使っていたんですよ」

するとその担当者、やはり平然と、「パソコンで4年も使えば老朽化は相当進んでいます。大事に使おうとそうでなかろうと関係ありません」と言い切った。
思わず、企業の社会的責任などについて話してやろうかと思ったが、一担当者にそんなことを言っても無駄だと思ってやめた。

でも実際のところ、パソコンって4年も使えば上等なのだろうか?
そりゃ、普通の電化製品とはちょっと違うけど。
ちなみに我が家には、ウィンドウズ95のパソコンが2台、ウィンドウズ98が1台、このパソコンのバックアップ用としてまだ頑張ってますわよ。仕事ではさすがにパフォーマンスの高いこのパソコンにお世話になっているけれど、それ以外なら他でも十分。ゴミも増やしたくないし、大事に使わなきゃ。
・・・って思ってるんだけど、ヘン?
いや、現実的にはそうそう買い換えられないわよ、パソコンって。庶民には高いし。
パソコン購入のきっかけが「使っていたものが壊れたから」って人は、単なる買い換え派より多いんじゃないかな?

Mikiさんの記事にTBさせていただきました。
[PR]
by miki_renge | 2005-08-16 11:28 | 情報・IT
<< 郵便料金 真夜中のテレビ >>