働く女性のデータ2題

厚生労働省から、こんな資料が発表されたんですね。
「コース別雇用管理制度の実施・指導等状況」

それによると、
 ・総合職に占める女性の割合は5.1%
 ・総合職女性の採用は約1割、一般職女性の採用は約8割
 ・採用10年後に子を有している総合職女性が在籍している企業は4割
なんだとか。

私もかつては総合職だったけど、仕事きつかったなぁ。
前の職場では、総合職で入社して出産した人は全員、復帰して1年経たずに辞めてるし。
でも、子供を持っても男性と同じように(→企業によってここが違うんだろうが)働いている総合職女性がこんなにいるんだなぁ・・・すごいよ。
退職した私って、やっぱり根性なし?

ついでにもう一つ。
「女性雇用管理基本調査」

 ・育児休業取得率は女性70.6%、男性0.56%
 ・男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理措置について規定がある事業所の割合は「妊産婦の通院休暇制度」で37.7%、「妊娠中の通勤緩和措置」で28.5%

これも、近年は充実しているということですな。
また前の職場の話になるけど、こんな制度はなかったよ。
育休だって実際は取れなかったし。
時代は変わったのね。

働き続ける女性への支援は充実しつつあるように思う。
今度は、働き続けることができなかった、もしくは選択しなかった(乳幼児のうちは子育て優先)女性の再就職や起業支援にも、行政は力を入れて欲しい。一企業単位でやっているところはあっても、全体的にはまだまだだものね。
[PR]
by miki_renge | 2005-08-23 10:04 | 雇用・人事
<< キャベツの大量廃棄 郵便料金 >>