年金一元化は無理?

今度の選挙、自民党は郵政を争点にしたいようだが、まぁ実際は年金とか子育て支援とか外交とかいろいろあるだろう。
年金については、厚生年金と共済年金の一元化をまず進めたいという自民党に対し、野党は国民年金を含む全ての年金を一元化すべき、と主張している。

私は、暴論と批判されることを覚悟で書くが、年金一元化は今やるべきではない(正確にはできない)と思う。やるとしたら、やはり自民党案の「厚生・共済一元化」でお茶を濁す(→表現はよくないが)程度ではないかと。

ちょっとでも年金を勉強した人なら分かると思うが、年金は非常に難しいものになってしまった。ここまで制度を複雑怪奇な代物にしたのは、「経過措置」である。
年金(老齢年金)をもらうためには、加入年数などの一定のルールを満たす必要があるが、年金制度が改正された場合、そのときのルールに従うと年金をもらえない、またはもらえても額が少なくなってしまう人が出てくる。この不利益を縮小するのが経過措置。だから、いくら年金が複雑だからと言って、経過措置をなくすわけにはいくまい。
今回、年金を一元化したら、もしかしたらこれまでの制度よりはるかに複雑な経過措置を重ねることになるだろう。制度をすっきりさせるなんて、まさに幻想だ。そのために貴重な税金を使ってパワーを費やすのは、結局「もったいないこと」になりそうな気がする。

ではどうすればいいか。



とりあえず、昭和61年改正時の経過措置が一段落する頃まで一元化は待つとして(昭和61年前の旧法が適用になる人が限りなく少数派になるまで待つのがいい?)それまでは、他の部分の社会保障施策を充実させて、老後の生活安定を図って欲しいと思う。
つまり、健康保険と介護保険だ。これらの負担は一気に圧縮する。
その一方で、健康な高齢者は、どんどん働いてもらう。政府には特に高齢者の雇用対策をばっちりしてもらおう。フルタイムでなくても、ほどほどに働くことで、健康にも寄与し、医療費の削減につながるのではないか。

目的は、「高齢期を不安なく暮らすこと」なのだから、別に年金に焦点を絞ることもないのではないか。他にも方策はいろいろありそうな気がする。

まぁ、年金一元化については、もう少し考えてみたい。
今日はとにかく24時間テレビだ。次女はたっぷり昼寝中、っつーか昼の12時から今まで1回授乳しただけで爆睡中。私も3時間昼寝したけど。次女よ、今夜は夜、いつ泣いてもOKだぞ。24時間ホントに付き合う羽目になるかも・・・
[PR]
by miki_renge | 2005-08-27 17:59 | 年金・保険
<< チャリティーの意味 命の重み >>