少子化と雇用対策

今度の総選挙の各党のマニフェスト、およびそれに関する意見を辿っていったら、こんな記事を発見しました。
少子化対策への大きな誤解

この記事のなかの、「実は少子化対策は少子化対策にならない。女性一般への雇用労働環境向上が結果として少子化対策として最も有効である」という考え方に賛成である。
もっとも、女性だけでなく、男性も同様だろうが。

現在の正社員(特に子育て世代の中堅社員)の労働環境は過酷だ。リストラが進み、残された社員にかかる負荷は大きい。成果主義という名の労働強化も当たり前に行われている。このなかで子供を持って、育児と両立していくのは困難だ。
一方で、過酷な労働に耐えられずに仕事を辞めたらどうなるか。うまく転職先を見つけられるとは限らない。結局フリーターという道を選択せざるを得なくなるかも知れない。それでは経済的にも精神的にも安定した生活は難しいだろう。とすると、やはり子供を持つことは厳しくなる。

結局、どちらを選んでもキツイのだ。
心身ともに疲弊しきってまで子供を持とうとは、誰も思わないだろう(いやその前に結婚できないだろうが)。
皆がほどほどに働いて、ほどほどに稼いで・・・っていう社会が実現すればいいのだが。
長時間労働が解消されれば、働く女性はもとより男性も子育てに参加しやすくなる。
専業主婦の女性の閉塞感も、夫の育児参加により解決方向に向かうだろう。
ゆとりのある育児ができれば、子供にも好影響だ。

ちなみに、児童手当の増額について書かれているマニフェストもあるが、私は月5千円(3人目からは1万円)程度の児童手当では、少子化対策にはまるでならないと思う。もちろん、このくらいの「お小遣い」でもないよりはあった方がいいことは確かだが、「これがあるなら子供を産もう」と思わせるくらいのものでないと、少子化対策とは言えないのではないか。この倍くらいもらえるなら違うのかも知れないが、これでは単なるバラマキで、根本的な解決策とはとても言えないだろう。
[PR]
by miki_renge | 2005-09-09 12:35 | 女性と仕事
<< コミュニケーションスタイルの変化 田んぼはダム >>