後継者

昨日の総選挙、自民党の圧勝でしたね。
きっと皆、小泉さんなら、郵政民営化が実現できれば、この閉塞感が打破できると期待して投票したのでしょう。
小泉さんは自分で明確に任期を区切っている。あと1年、できることは先送りしないで突っ走って欲しい(暴走はしないで欲しいが)。

さて、惨敗した民主党。次期代表はどうなるのか、注目が集まっている。
菅さんや小沢さんの名前が上がっているが、若手はおらんのか!と思ってしまう。
う~ん、この辺がやっぱり自民党との差、かな。

自民党には、安部さん、福田さん、二階さんなど、「ポスト小泉」が着実に育っている。
というか、小泉さんはじめ首脳陣が着実に育ててきたのだろう。
小泉さんは、特に安部さんには、今回どこの応援演説にも行かせなかったそうだ。「政界のドロドロした部分は見せたくない。そんな時間があったら建設的な勉強をして欲しい」とのことらしい。
そして今回、確かな経歴を持った女性議員も増えた。彼女達を単なる「マドンナ」と呼んでは失礼なくらいだ。また、公募でやる気のある議員も増えた。層はさらに厚くなった、ということか。

私はノンポリだが、政権党はそれなりの責任感を持っているんだなぁ、と、当たり前のことながら思った。岡田さんには気の毒だが、誰もが認める「自分の次」がいないようじゃ、やっぱり政権を取るのは無理だよ。
改革に期待しよう。1年後、光が見えていることを願って。
[PR]
by miki_renge | 2005-09-12 17:52 | 社会・経済一般
<< 防災ビジネスなんてどう? コミュニケーションスタイルの変化 >>