「派遣さん」

以前の職場で、派遣社員さんとトラブルを起こしたことがある。
当時、私が所属していた国際部が、国際会議を控えて、派遣社員を数人雇い入れていた。
しかしその中の一人が、私の上司に食ってかかっていたのである。

「私は英語力が生かせる職場、ということで雇われていたはず。でも仕事はお茶汲みとコピー取りばかり、話が違うじゃないですか!」
それに対し私の上司は、「派遣にそんなことは求めてない、雑用で十分だ!」と一喝。
その派遣さんは、どうにかその会議終了までいてくれたが、後味は悪かった。

そんなことを思い出しながら読んだのが、「派遣社員をもっと戦力にするための本

この本を読んで、派遣社員に対して随分誤解していたことを反省。
派遣社員を雇うメリットとして、よく、「人件費が削減できる」「気に入らなければいつでも解雇できる」などが挙げられるが、これを前面に出して接していたのでは派遣社員のモチベーションは上がらない。また、デメリットとして、「アルバイトより割高」「責任感がない」とも言われるが、これも、何のために派遣社員を雇い入れるかが明確でないことの表れだろう。

私の前の職場の場合、上司が、「英語ができる人をよこして」と人事に依頼し、人事もアバウトな仕事内容しか派遣会社に伝えなかったことがそもそも悪かったのだと思う。人事も、「予算はこのくらいで」としか言わなかったのだろう。
また、結局は雑用くらいしか仕事がなかったので、自分の能力を生かせると思って派遣されてきた派遣社員さんのプライドを傷つけてしまったのだ。
確かに「雑用補助」という点では社員の仕事量は軽減されたが、社員と派遣社員、派遣社員同士の雰囲気は必ずしもよかったとは言えず、メリットがデメリットを上回ったかと聞かれると、自信がない。

ちなみに、その人は旦那様と海外転勤でやむなく正社員の仕事をやめて、派遣として働いている人だった。本にもあるが、その人がなぜ派遣社員になったのかも配慮のポイントだという。

最後に、派遣社員のことを「派遣さん」と呼ぶのはやめましょう。
これはもっともモチベーションを下げる言葉なのだそう。
分かる気がするよ。

まぁ、派遣社員もいろいろだけどね。^^;
どうせ一緒に働くなら、お互いに楽しく働きたいもんね。
[PR]
by miki_renge | 2005-09-23 11:15 | 雇用・人事
<< 夏の省エネ 一分で着られる着物 >>