「よみがえり」

・・・って言っても、先週TVでやってたくさなぎくん主演の映画、「黄泉がえり」ではありません。(ちなみにまた観てまた泣いた)。トイレットペーパーの名前です。

トコトンハテナ」(テレ東日曜18:30~)で、「白くないトイレットペーパーを作ったら」という企画をやっていた。
普段何気なく使うトイレットペーパーだが、実は再生紙のトイレットペーパーは真っ白で上質の古紙を原料に作られているそうな。たとえば牛乳パックとか・・・
番組では、燃やされる運命にある、ティッシュの箱、菓子箱、封筒、はがきなどの紙や雑誌でトイレットペーパーを作ってみた。しかしコストはかかるし白くない。「よみがえり」と名づけてドラッグストアの店頭に並べてみたが、再生紙の割にお値段が高いのと(確か229円、でも完全な赤字で本当は300円くらいで売りたかったらしい、ちなみにごく普通の再生紙トイレットペーパーは200円以下で目玉商品として売られているのはご存知の通り)、手触りがややゴワゴワ、そしてイマイチ白くないという理由で消費者は敬遠気味。

でも、リサイクル・環境保護の観点からすれば、「たかがトイレットペーパー」と思ってしまうのは私だけ?(←だいだひかる風に)
白くなくてもいいんじゃない?現に番組で紹介されていた海外のものは、もっと色がついていて、肌触りがよくなさそうだった。
まぁ、コストの問題はあるけど、大量にその「再生しづらい紙」を集める仕組みができるのなら解決するのでは・・・

というわけで、「よみがえり」を実際に見かけた方、使われた方がいたら、ぜひ感想を下さい。
試験販売している店舗は、「トコトンハテナ」のHPに掲載されています。

ちなみに、「トコトンハテナ」には、「Goro's Bar」でレギュラー出演しているクワバタオハラが体を張って頑張ってます。^^;
[PR]
by miki_renge | 2005-09-28 10:12 | 商品・サービス
<< 人気の駅弁 コーポレートガバナンス >>