人気の駅弁

駅弁というものは、その地の限定商品であるからこそ意味がある、と以前は考えていた。
その地に行って、その地の特産物がいっぱい詰まったものを食べてこそ、おいしく感じるのだと。スーパーなどでやっている駅弁大会などは、野菜で言えば旬を感じなくなるようなもので、邪道だと。
しかし、自由に出かけられなくなった今は、このような駅弁大会があるとついつい引き寄せられてしまう。

そんなことを考えながら観た、今週の「ぷっすま」(テレ朝系火曜23:15~)。
売れ筋商品を答えさせる「ココ1当てまSHOW」で、まさにスーパーなどで行われる人気の駅弁のランキングをやっていた。

1位は富山・ますのすし。
2位は福井・かにめし。
3位は仙台・牛タン弁当。

ますのすしは、300年の歴史があるという。それだけ愛されてきたおいしさがあるのだろう。また、自分で切って食べるというスタイルが、ささやかな「参加意識」をもたらすのだとか。確かに、家族や友人で好きなだけ切り分けられるというのは魅力。

邪道と言っても、逆転の発想で、もしかしたら駅弁で町おこしができるかも知れないよね。

しかし、この日のぷっすま、くさなぎくんに官能小説を朗読させちゃうなんて・・・^^;

さて、昨日は阪神優勝・・・じゃなくて、SMAPツアーの最終日。
トリプルアンコールが「初心にかえる」という意味で、デビュー曲の「Can't Stop!!-LOVING-」だったそうな。で、間奏の「キラキラ星」部分で、メンバーのコメント。
いい曲なんだよね・・・ただ聴くだけで涙が出そうになるくらい好きな曲、ドームで聴いてたらきっと号泣してたわ。来年こそ。
[PR]
by miki_renge | 2005-09-30 13:58 | ジャニーズ
<< 日本の豊かさ 「よみがえり」 >>