中小企業総合展

中小企業総合展に行って来た。
娘2人連れだったので、落ち着いて見て回ることはできなかったが(かなり場違いな気も・・・)、それでも結構面白かった。

まず、一応「支援センター」コーナーへ。
朝早かったこともあり、人はまばらであった。一応、診断協会のブースにも行った。

その後はベビーカーを押しながら、行きやすいところへ。
起業家を応援するキープラネットの代表・川野真理子さんの実物にお会いできたのが恐れ多くも嬉しい。(随分前からメルマガを読んでいて、ファンだった)

あと、特に興味を持って見たものが二つ。
一点目は「臭わないタオル製品」。特に今、授乳中なので、我が家ではおっぱいやミルクの臭いが、布団やら下着やらハンカチやら、あちこちにくっついている。そういうもんだといわれればそれまでだが、こういう製品があると多少高くても買うだろうな。
一般的には、介護の場面で(シーツなど)役に立つだろう。
取扱:木下ソーイング

もう一つは、コンピュータが薬の飲み忘れ、飲みすぎを防止してくれるという小さな機械、「お薬!どーぞ」。定刻になると薬を送り出して音声で案内してくれるという、ある意味お茶目なもの。確かに「あれ、あの薬飲んだっけ?」と思うことはよくある。これから年をとって、薬をたくさん飲む生活?になったときに威力を発揮してくれそうだ。
取扱:ユニテック東京

こうやって、企業がどんなニーズを吸い上げているかあれこれ考えるのは楽しいね。
[PR]
by miki_renge | 2005-10-13 22:43 | 商品・サービス
<< 理論政策更新研修 「きみのチカラ、みらいのチカラ。」 >>