新聞の勧誘

昨夜、某新聞の勧誘員の方が「新聞取りませんか?」と言ってやってきた。
我が家は既に他の新聞を取っているので、その旨を伝えると、
「今、拡販キャンペーン中なんですけど・・・」
と言うではないか。
申し訳ないが、これで一気にガクッと来た。

売り込みにくるならば、せめて「今回紙面をリニューアルして、どこよりも読みやすくなっております」とか、「配達において○○というサービスを実施します」など、自社のモノ(新聞)やサービスの素晴らしさをはじめに訴えるもんじゃないのか?
「拡販キャンペーン中」というのは、あくまでそちらの都合。こちらに何のメリットもなくて(洗剤等をいただくことがあるが、あれは「おまけ」で一時的なものだ)、単なる「お情け」で、読み慣れている新聞を変えようとは思わない。今の新聞によほど不満があるなら別だが、それなら売り込み前に自分で変更している。

こういう拡販の方も苦労しているだろうなぁ、というのはよく分かるんだけど・・・
インターホン越しにお断りするのも、ちょっとは心苦しいんだけど・・・
これが以前からの知人とか、恩義のある人ならまた違うんだけどねぇ。

それにしても、こういうキャンペーンで新聞を乗り換える人って、多数派なのかな?こうやって勧誘員がよく回ってくるっていうのは、それだけ「水揚げ」があるってこと?
私は、引越し以外で取る新聞を変更したことがないから分からないのだが。
以前は会社で他の新聞を読んでいたし、今は時間があれば図書館で読むこともある。
気になるニュースは、朝のテレビの「朝刊チェック」等で押さえるから特段不満はない。
う~ん、どうなんでしょ?
[PR]
by miki_renge | 2005-10-27 09:30 | 商品・サービス
<< 士業のホームページからの受注 公務員バッシング >>