士業のホームページからの受注

私が診断士になりたての頃、勉強会等で、「ホームページ経由で仕事の受注は滅多にない」という話をよく聞いた。
それから5年、今ではあちこちで、「士業のためのインターネットを活用した顧客開拓」なんていうセミナーなり資料・サイト・メルマガが紹介されている(社労士関係のメルマガは特に多い)。
時代は変わっているのかしら?

確かに、知り合いの社労士さんで、「年に1~2件はネットから顧問契約まで行くよ」という方もいらっしゃる。

私も、メルマガで紹介されたサイトなどを読んだりするが、正直言って、そんなに劇的なことが書いてあるとは思えない。セミナーの受講費もかなり高額で、「怪しげなビジネス?」と思ってしまうものもある。それでも、これだけこの手のものが宣伝されるというのは、ある程度需要があるということなんだろうか。ブログも爆発的に普及してきたし。

う~ん、よほど差別化しない限り、過度な期待は禁物だと思うけど・・・でも認識を改める必要があるのかな。
[PR]
by miki_renge | 2005-10-29 08:49 | 情報・IT
<< 体は大事!:改正労働安全衛生法より 新聞の勧誘 >>