体は大事!:改正労働安全衛生法より

改正労働安全衛生法などが、26日の参院本会議で可決、成立した-とのこと(来年4月施行)。
本改正では、月100時間を超える時間外労働を行った者に対して、医師の面接指導が義務化されるなど、労働時間に着目した過重労働・メンタルヘルス対策が労働安全衛生法に組み込まれた。これは、2002年に出された「過重労働による健康障害を防止するため事業者が講ずべき措置等」という通達が義務化されたものと言えるだろう。また、通達は「脳・心臓疾患」対策が中心であったが、今回の改正はメンタルヘルスも視野に入れたもの、らしい。

法律で健康対策を位置付けた意義は大きい。
「ザル法」にならないよう、皆で見守っていければと思う。
ただ、全体的に残業時間をなくすための努力も、もっともっと必要なはず。

100時間の残業って大変なことだと思う。
私も何度か経験があるが、とにかく集中力が持たなくなる(私だけか?)
私の場合は結局体調が悪くなり入院し、1ヶ月休職したことがあるけれど、漠然と、「あぁ仕事から離れられる」「家事もしなくていいんだ」とホッとしたことを覚えている。今振り返れば、「心の病」のかかり始めだったのかも知れない。

私の昔の話は置いておいて、今心配なのは夫だ。毎日、日付が変わる頃に帰ってくる。
夕食もたいして取っていないとのことで、妻としてはせめて朝食とお弁当をしっかり作るくらいしかできない。お弁当も仕事をしながら5分くらいでかき込むと言う。
ただ、同年代の私の弟や、周囲のママ友達の夫、さらにかつての同僚も似たような状況らしい。皆、30代の働き盛り。職場では人員削減が進んでいるという点も一緒。

社会全体が、働く人の健康管理についてもっと考えられる雰囲気になって欲しい。日本はこれまで無頓着過ぎたと思う。今回の法改正がその一歩となってくれれば。
「よ~く考えよう~体は大事だよ~♪」
[PR]
by miki_renge | 2005-10-31 10:27 | 雇用・人事
<< 早寝早起きは大事だけれど 士業のホームページからの受注 >>