老後の不安

・・・って言っても、まだ実感ないけど。

金融広報中央委員会(事務局・日本銀行)が、2005年の「家計の金融資産に関する世論調査」の結果を発表した、そうです。
調査によると、「貯蓄を保有していない」と答えた世帯は23.8%(「単身世帯」41.1%、「2人以上世帯」22.8%)で、昨年より0.9ポイント上昇したとのこと。

あわせて、老後の心配についても以下のような調査結果が。
・老後の生活について心配である(「多少心配である」と「非常に心配である」の合計)と答えた世帯は約8割。年齢60歳未満の世帯では「心配である」と回答した世帯が8割強。
・「心配である」としている世帯では、その理由について「十分な貯蓄が無いから(7割強)」、「年金や保険が十分でないから(約7割)」が、高い割合となっている。

老後、漠然とした心配はありますねぇ。
60歳過ぎてもマンションのローンはまだ残ってるし(夫の退職金で一括返済したいけど)、将来、年金や医療制度はどうなってるのかも見えないのが不安。我々第二次ベビーブーマーのはしりが還暦を迎える頃は、雇用環境や社会保障制度など、どうなっているんだろう?
いや、そんな遠い話よりも、まずは家族4人でどうにかこうにか暮らしていくことが目標だな。

とりあえず私がもっともっと頑張って働くしかない!
・・・と思っていたら、長女に続いて次女もついに風邪っぴき。
また仕事がたまる~!!(泣) 
[PR]
by miki_renge | 2005-11-08 13:06 | 社会・経済一般
<< 「笑い」の処方箋 最近のカーナビ >>