「よかったですねぇ」

今日は、週に一度の長女のリハビリの日。
いつものように、次女も連れて路線バスに乗る。
足がもたつく長女に配慮しつつ、ベビーカーの次女をバスに乗せるのは結構大変だ。

バスを下車して、次女の帽子がないことに気づいた。
寒かったから被ってきたのだが・・・どこで落としたのか。そういえばバスの中では帽子を被ってなかったっけ?慌ててバス会社に電話し、忘れ物が届いていないかの確認をお願いする。
でも半分は諦めていた。赤ん坊の帽子、そうそう気に留める人もいないだろうし、まぁバザーで100円で買ったものだから^^; いいや、仕方ない、と。

さて、リハビリからの帰り道。行きと同じバスに乗る。
「もしかしたらバス停に落ちてるかも知れないぞ、バスに乗るのは大変だったし・・・」と思いつつ、反対側のバス停に目をやると・・・あった!バス停の隣に落ちてる!ピンクのミッフィーちゃんの帽子。

急いでバス会社に電話。探してくれていたなら申し訳ない。
見つかった旨を話すと、電話口の男性、まず「あぁ、よかったですねぇ」。
おおっ、何てありがたい対応。こちらのミスで迷惑かけたのに。
落し物や連絡先等を確認し、電話を切る前、もう一度「よかったですねぇ」。
・・・こちらこそ、素敵な対応をありがとう。まずこの言葉をいただけたのがとても嬉しかった。
だってこちらの立場に立ってくれたんだもの。

東急バスさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by miki_renge | 2005-12-01 17:30 | 商品・サービス
<< 採用時に企業の好感度を上げる 残業代を請求しない理由 >>